トップ MobileFree.jp の使用方法 Q & A ダウンロード 利用規約 サポート この学術実験について ソフトイーサ社

 

HTTPS 通信しか通さないモバイル回線でもすべてのプロトコルを利用可能に

2013 年 5 月 5 日
本サービスには現在障害が発生しています。
利用をお急ぎの場合は、こちらの VPN Gate 実験サービスをご利用下さい。

2007 年 12 月 21 日
NTT ドコモ FOMA 定額通信プランでの利用に対応しました

MobileFree.jp VPN 実験サービスについて

第三世代高速データ通信サービス (W-CDMA や HSDPA など)、無線 LAN サービス、ホテルのインターネット回線などの外出先でのモバイル環境では、通信可能なプロトコルがごく一部 (HTTP / HTTPS など) に制限されていることがあります。

その結果、FTP、Messenger、Skype、テレビ電話、リモートデスクトップ、リモートアクセスツール、音楽や動画のストリーミングなどの多くの便利な通信プロトコルが利用できないことがあります。このような場合、高速なモバイル通信環境を十分に有効活用できないことになります。

「MobileFree.jp VPN 実験サービス」を使用すると、とても簡単な手順で、インターネットへの自由なアクセスが確保されます。これにより、HTTP / HTTPS プロトコルさえ利用可能なモバイル回線があれば、ほぼすべての TCP/IP 上で動作するプロトコルを用いてインターネット上のコンピュータとの通信が可能になり、各種アプリケーションを利用して作業を行ったりマルチメディア・コンテンツを楽しんだりすることができます。

MobileFree.jp VPN 実験サービスは、無線を利用したモバイル通信環境に最適化された VPN プロトコルを利用しますので、MobileFree.jp を使用することによる体感速度の低下はほとんどありません。

使用方法は簡単です

MobileFree.jp VPN 実験サービスは、Windows 2000, XP, Server 2003, Vista のインストールされたモバイル PC から、どなたでも無償で利用できます。以下のリンクをクリックして、説明をお読みください。

無償の実験サービス

ソフトイーサ株式会社は、本サービスを、VPN 関連技術の研究と実証のために非営利の学術実験目的で提供しています。どなたでも本サービスを無償で使用することができます。なお、本実験は長期間実施する予定ですが、永久に実験サービスが継続して提供されることは保証されていません。詳しくはこちらをご覧ください。

 

本サービスは学術的な非営利研究実験の一環として、ソフトイーサ株式会社が実施しています。実験にあたっては、筑波大学学術情報メディアセンターと共同研究契約を締結し実施しています。また、同センター経由で WIDE プロジェクトのバックボーンに接続しています。
サービスの使用前に利用規約への同意が必要です。  Copyright © 2004-2010 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 この学術実験について | 利用規約 | サポート / お問い合わせ | 障害・メンテナンス情報 | ソフトイーサ株式会社の Web サイト